2012年05月27日

投薬と自律神経について その3 オルゴール療法日記

こんにちは。横浜の佐伯一成です。

今日は、先日ご報告した岩手からお通いの男性です。
投薬からの脱却を決意なさって2週間ほどが経過しました。
今日、ご様子をうかがうことができました。
結果としては薬を軽減してかなり調子が良いとのことです。若干の頭痛はあったそうですが反動もあまりなかったそうで安心しました。また、まったくお薬をやめてしまったわけではなく1錠を残して続けているそうです。残りはすべて奥様に預けて飲めないようにしたそうです。
まだまだ油断はできませんが余裕を持って取り組みたいとのことです。安心しました。

先日も述べましたが、いきなり多数の薬をやめてしまうことは大変危険です。
すこしずつ減らしていくのが良いのですが、ベストは医師の判断に従って行うことが好ましいです。

この方のもうひとつ良かった点はセカンドオピニオンをとったことです。
まったく違うところで診断を受けたところ、病名も、薬もまったく違うという結果が出ました。
またもう1件尋ねてみるとのことでしたが、それは、できるだけお薬を使わない方針の医師だそうです。

お薬の軽減は医師の判断に従って、と言いましたが、そのような方針を持っておられない医師であればなかなかうまくいきません。却って叱られてしまうケースも少なくはありません。
ですから思い切ってセカンドオピニオンをとったり別の医師を探すこともひとつなのです。
どのような治療を行いたいかという意思表示も大切です。皆さんのお体は皆さんのものなのですから、どうどうと主張しましょう。

日本オルゴール療法研究所 症例 自律神経失調症


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

にほんブログ村




posted by セラピスト at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

投薬と自律神経について その2

間が空きましたが、先日の続きです。

自律神経のバランスを崩されて処方されるお薬は様々です。そもそも病名も多岐にわたるわけですからお薬の種類も多くなるわけです。しかしながらどのお薬も自律神経を回復させるものではありません。
表に出た症状に合わせて投薬が行われる限り、新しい症状がでれば新しいお薬を増やさねばなりません。
ところが、化学物質の塊は交感神経を緊張させますます自律神経のバランスをおかしくしてしまします。もちろんお薬が増えれば副作用もそれだけ出てしまいます。

このお薬の悪循環からいかに脱却するか。自律神経のバランスを崩してその回復のためにお薬が処方されたのに、そこから脱却するためにまた多大な努力をしなければなりません。お薬だけでの回復にはこのような矛盾が潜んでいることをよく理解しなければなりません。

先日お話した男性は、お薬による副作用を強く感じ、お薬からの脱却を決意なさいました。
すぐに全てのお薬をやめてしまうことはたいへん危険です。もっとも良いのはドクターと相談しながら少しずつ減らしていくことです。それでも少しずつ減らしていく方向で進めたいものです。自律神経からくる症状であれば「少しずつでも薬を減らしていきましょう!」という姿勢のドクターと出会いたいですね。

彼の決意を尊重し、オルゴールでしっかりとサポートしていきたいと思います。


日本オルゴール療法研究所 症例



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

にほんブログ村




posted by セラピスト at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

投薬と自律神経について

横浜の佐伯一成です。

今日は投薬と自律神経失調について少し。

先日から通っていただいている(岩手から!)30代男性です。

睡眠薬、安定剤などを服用されているようですが、ほとんど効果がないというご実感です。しかし、処方された薬であり、止めてしまうことへの不安もあるので服用を続けていたそうです。
オルゴール療法を始められてからも劇的な変化があったわけではなく、理論上の良さを納得して続けていただいていました。
ところがこのたび診断の内容が変わり病名が変わったことで、お薬も追加されてしまいました。



一度中断します。のちほど続けます。
posted by セラピスト at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。