2012年05月18日

便秘 オルゴール療法

こんばんは。横浜の佐伯一成です。

セラピストの手記より

たまたまある催し物でお会いした女性。話をしている間、膝の上にローズのカノンを置いて1時間ほど鳴らしておいた。
その翌朝お電話をいただきました。
それまでまったく改善のないひどい便秘だったが、驚いたことにその晩全部出ました。、それまでの厳しい人生でたまってきた心の中のよどみのようなものも全て出て一緒に。さわやかな目覚めを迎えることができた。深く感動しています。とのことでした。


便秘でお悩みの方は意外と多いはずです。
オルゴールと便秘がどのように関係するのか??
腸は自律神経に直結し、第二の脳とまで呼ばれることをご存知でしょうか。
交感神経が優位になりすぎると腸の活動は不活発になり、結果として便秘になります。逆に副交感神経が優位すぎるとお腹を下しやすくなります。ですから、自律神経が安定してこそ便秘も解消されるのです。
もっと重要なことがあります。腸はそもそも食べ物を消化し、エネルギーとして吸収する大切な役割を担っています。腸が正しく働いてこそ活力が生まれるのです。おもしろいですね。元気ややる気は心や脳が作るのではなくお腹から生まれるのです。古来丹田ともいいおへその下は活力の源です。男性より女性の方が便秘や冷えのかたが多いのは根本的に筋力が弱いということもありますが、ストレスも大変大きな原因であることをぜひ覚えておいて下さい。

この方は1時間ほどの短時間でしたが、お腹の近くにオルゴールを置いていたのも良かったのかもしれません。これで自律神経が正常になったとは言えませんが、少なくともオルゴールが自律神経に与えた影響から便秘の改善があったと見なしてよいでしょう。常に自律神経が正常になることで便秘だけでなく活力も生まれることでしょう。安定するまでオルゴールをご使用続けることをお勧めします。

日本オルゴール療法研究所 症例 便秘


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

にほんブログ村




posted by セラピスト at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。