2012年06月08日

リウマチ オルゴール療法

こんにちは。横浜の佐伯一成です。

今日はリウマチのお話。以下セラピスト手記より。

長く患っている方が多いが日常生活に支障がないくらいまで回復している方が少なくない。
良く眠れるようになった、激痛が軽減した、こわばりが徐々にゆるんでいる、等。
また活動的に過ごせている方も多い。オルゴールのおかげで、薬や病気とのかかわり方にゆとりが持てるようになって上手に付き合っているという方もいらっしゃいます。研究所に来るときに足を引きずりながら来た方が、自力ですたすたと歩いて帰る姿もみかけます。

リウマチのような重篤な症状にオルゴールが何故有効なのか、不思議に思われる方も多いと思います。
ところが実際にオルゴール療法を受けられた方で上記のような方は少なくありません。
薬がいらなくなった。痛みが減ったなど多くの声が寄せられています。
まず第一にオルゴールは脳から自律神経に働きかけます。自律神経の回復により血流が良くなるとこわばりや痛みは軽減します。
さらに白血球の生産も自律神経に支配されています。このため免疫疾患であるリウマチの根源的な解決に寄与している可能性が大きいのです。
進行性の、またたいへんきついお薬の服用が必要なリウマチからの脱却ができ、この痛みから解放される可能性があるとしたらどうでしょう。さらに体への負担なくそれが進められるとしたらどうでしょうか。

現代人は(特に豊かな先進国において)アレルギーという免疫疾患に今後も悩み続けるでしょう。しかし、免疫のもとである白血球もまた自律神経とは無関係でないことをぜひ知って下さい。
オルゴール療法とはいえこの免疫疾患に対して即効性があるものではありません。根本的な症状からの脱却には時間も必要です。
ですが、一時的にこわばりが取れたり痛みが軽減することは比較的速く起こりますので、オルゴール療法がリウマチに有効であることのご実感は持っていただきやすいと思います。リウマチにお悩みの方はぜひ試していただきたいのです。

日本オルゴール療法研究所 症例 関節リウマチ

横浜支部オルゴール療法体験 個別療法


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

にほんブログ村









posted by セラピスト at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。