2012年07月28日

オルゴールセラピスト

日本オルゴール療法研究所では、オルゴール療法を正しく広めていくためにオルゴールセラピストの資格制度を導入しています。

オルゴール療法は、ただオルゴールを聞いていればいい、というものではありません。
脳に効率よく響きを伝えるための聴き方が大変重要になってきます。
たとえば骨伝導。
「おーい」と叫ぶ空気伝導より糸電話でこそっとしゃべる固体伝導のほうがよく聞こえるというのは常識です。
オルゴール療法でもこの固体伝導(骨伝導)を利用します。というより骨伝導でなければ効率が低すぎる!というほどです。

このように知らなければオルゴール療法を効率よく行うことは難しいのです。

この知識をさらに深め、正しく伝えていただける方をオルゴールセラピストとして認定しているのです。

3日間の認定講座で学ぶスキルは、
オルゴール療法の理論
オルゴールの仕組み
オルゴールの効果的な聴き方
症例の理解
カウンセリングの手法
などが主になります。

ご自身の症状や家族のためにオルゴール療法の知識を学びたい、
介護の現場や医療現場で使用してみたい、
セラピストの方の動機は様々ですが、根底に人の役に立ちたい!という強いお気持ちが感じられます。

施療としてオルゴール療法を取り入れたいという場合は法人セラピストの制度もあります。

大阪と横浜で認定講座を定期定期に開催しています。
ご興味のある方はぜひご覧ください。
なによりもまずオルゴール療法の素晴らしさを体験してみてください。

日本オルゴール療法研究所 オルゴール療法士・オルゴールセラピスト認定講座 養成スクール






posted by セラピスト at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オルゴールセラピスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。