2011年03月09日

めまい

今日は、めまいでお悩みの女性がいらっしゃいました。

去年の5月ごろから急にめまいが始まりました。転倒による骨折や熱中症にかかられたのが引き金になったようです。
もちろん病院での検査もひととおりさなれました。
耳鼻科、脳神経外科、とお決まりのパターンを進んで、検査結果は異状なし。
そして心療内科に回されて安定剤が出されています。

ここからひとつ言えることは、三半規管や脳に異常があるわけではなく(むしろ健康だと言われるケースも多いです)、心療内科で安定剤が出されるということは自律神経が原因である、という判断をドクターがくだしているということです。

ではめまいの症状がが安定剤で回復するのか、ということになると答えは難しいというしかありません。
めまいにも色々あり原因も様々ですが、今回の方の場合は、自律神経の失調からくる血流の悪さがその最たるものだと推測します。お伺いすると夏から体重が13キロも減っているということ、悲しくもないのに涙が多く出ること、以前は朝まで眠れたのに最近は2回は起きてトイレに行くということ。もうおわかりの通り、めまいだけが問題ではないということがわかります。

自律神経の回復は、ただ休んだりリラックスすれば良いという単純なものではありません。またストレス解消と混合することも短絡的です。脳幹を正しくし自律神経をただす、という王道によってはじめて可能なことだといえるのではないでしょうか。病気とまではいえない症状で悩んでおられる方がどれほど多いことでしょう。体に負担のないオルゴール療法をぜひお試しいただきたいです。
posted by セラピスト at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。