2012年05月12日

がん 横濱セラピー日記

昨日に引き続き日々のセラピーの様子です。

以下セラピスト手記より。

大腸がんで左半結腸切除。腸閉そく入院後肝転移。余命6ヶ月の宣告。抗がん剤治療でさらに6ヶ月は延命可能といわれたがこれを拒否。
病院には外来で通っている。連日朝から39℃くらい発熱があるが、半日ほどで平熱に戻る。肝臓の痛みが出てきてこれがつらい。

オルゴール療法中(初回)に眠りに落ち、翌日から肝臓の痛みがなくなった。11日目にまた痛みが出たので10日毎に通っていたらよくなるかもしれないと思って希望が持てる。オルゴールを購入し自宅でも聞き始めている。


たいへん貴重なご意見です。
オルゴール療法を始められたばかりですので、これによってがんの回復がある、とはもちろん言えません。しかしながら特記すべきは痛みが和らいでいる、という事実です。
理論上、自律神経が正常になればリンパ球の数が増え、がんに対抗する体作りにつながることは間違いありません。その意味でもオルゴール療法は希望の持てるセラピーであるといえましょう。
その一方で日々の痛みやつらさを少しでも和らげる効果があるとすればどうでしょう。
がんに限らず、三叉神経痛や帯状疱疹後神経痛などの痛みが和らいだ、というご感想も多く寄せられています。このことはまだはっきりとしたメカニズムはわからないのですが、オルゴールがなにがしかの作用を起こしていることの可能性は無視できないのではないでしょうか。

もしがんのような症状に対してはっきりとした効果がみられるならこれほどすばらしいことはありません。
しかし、日々をできるだけ辛くないように過ごせることもとても大切であると思います。
また経過をご報告したいと思います。


日本オルゴール療法研究所 症例 胃がん




にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

にほんブログ村
posted by セラピスト at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

横濱 日々のセラピー

最近、イベント報告ばかりでしたので、横浜元町でのセラピーもご報告したいと思います。

オルゴール療法研究所ではグループ療法といいまして通ってこられる方を対象にオルゴールセラピーを行っています。横浜元町支部では13:30より90分。各種オルゴールを聴いた後ご感想をお伺いしています。

途中経過が主になりますが、日々このような例が寄せられています。

以下、研究所のセラピストの手記より。

3歳女児。生後より歩けない。車いすで来所。セラピーベッドに乗せて寝かせたり座らせたりして聞いてもらう。翌日、自分から初めて歩きたがり、ほんの一歩だが歩くような動きができた。

初めてのご参加であり早計な判断はできませんが、小さいながら反応があったと見なしても良いかもしれません。これからも様子を見ていきたいと思います。
先天的な症状に対してオルゴールセラピーがどれほどお役にたつかということは全くわからないというのが正直なところです。脳が正しい機能を取り戻したとしてそれがどのようにお身体や症状に現れてくるかがわからないからです。ただ、オルゴールセラピーを実践された中で変化が起こってきた例はあります。
たとえば自閉症のお子様にお聞かせしたところ夜中の泣き叫ぶようなパニックが減少して良く眠れるようになった、かんしゃくを爆発させることが減った、などの事例です。これは直接的に自閉症が改善した、といえることではないのですが、日々の生活においては大きな変化といえるのではないでしょうか。

まだまだ私たちの脳や身体のメカニズムが全てわかっているわけではありません。もしオルゴールがその眠っている機能になにがしかのスイッチを入れるような刺激が与えられているなら、今までの常識では測れなかったことが起きても決しておかしいことではありません。正常になろうとする人体の可能性を信じてこのような実例経過を集めていきたいと思います。

オルゴール療法研究所 症例 自閉症



にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

にほんブログ村
posted by セラピスト at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜セラピー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

健康博覧会2012 プレゼンテーション

健康博覧会2012 プレゼンテーション

今回初めて私佐伯一成がイベントでのプレゼンテーションを行いました。
持ち時間は30分間。

この30分でいかにしてオルゴール療法をわかっていただけるか・・・。

DSCN0032.jpg




想像していた以上に難しいと感じました。
今回は比較的静かな会場でしたのでお聞かせしやすかったのですが、
横浜で毎日行っている個別療法のようにマンツーマンではない分、やはり勝手が違いました。
しかもデータが破損しプロジェクターによる説明ができなくなってしまいました・・・。

それでも順番にオルゴールを胸に抱いていただくなどしまして、少しでもオルゴール療法をお伝えできたかと思います。



昨日に引き続き今日もプレゼンテーションを行います。
せっかくいただいた機会を生かせるよう精進したいと思います。
オルゴール療法 佐伯一成align=


にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村



posted by セラピスト at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

健康博覧会 設営の様子

健康博覧会2012 2日目です。


今日はちょっと裏話。
イベントの設営の様子をご紹介します。

最初はついたてがあるだけでなんにもありません。
大阪からの荷物が届いています。
DSCN0001.jpg

広ーいビッグサイトの会場。各ブースごとに区割りしてあるだけです。
DSCN0002.jpg

絨毯を敷き、壁にパネルをつけていきます。机を並べてクロスがかけられました。
DSCN0003.jpg

ようやくオルゴールの登場です。
DSCN0005.jpg

照明が設定されほぼ完成しました。
DSCN0006.jpg

と、こんな感じで毎回のイベントを設営しています。
今回はスタッフ2人で4時間ほどで完成しました。


2日目の今日もたくさんの人々にブースで体験していただきました。
ありがとうございます!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

にほんブログ村



posted by セラピスト at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

健康博覧会2012

日本で最大の健康関連ビジネスショウである
健康博覧会2012が東京ビッグサイトで本日から3日間開催されています。

日本オルゴール療法研究所は、東6B−11のブースで出展しています。

健康博覧会の開催は今年で第30回目になります。

今、会場から記事を書いているのですが、さすがに日本最大希望のイベントとあって3会場全てを埋めて盛大です。

ご興味を示して下さる方も多いのですが、ホームページから研究所出展を知りご来場いただいたかもおられました。

明日15日と16日は13:10から30分間のプレゼンテーションも行います。



第30回 健康博覧会2012
東京ビッグサイト 東4・5・6会場
10:00〜17:00 参加3,000円

日本オルゴール療法研究所
ブース:6B−11
プレゼンテーション:15日・16日 13:10〜13:40 セミナールームC


オルゴール療法研究所 紹介ページ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

にほんブログ村
posted by セラピスト at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。